トリニティーライン

トリニティーラインの成分

更新日:

全成分

トリニティーライン・ジェルクリーム・プレミアムの全成分

トリニティーライン・ジェルクリーム・プレミアムの全成分は以下の通りです——

シラカンバ樹液、BG、グリセリン、スクワラン、水添レシチン、メチルグルセス-10、DPG、ベタイン、セラミド2、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ジメチコン、ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、マルチトール、ダイズステロール、PEG-32 、イソステアリン酸、バチルアルコール、イソステアリルアルコール、ポリクオタニウム-61、PVP、セリン、グリシン、アラニン、シトルリン、トレオニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、バリン、アルギニン、イソロイシン、リシンHCl、ロイシン、グルタミン酸、プロリン、カンゾウ根エキス、オトギリソウエキス、クチナシエキス、ゼニアオイ花エキス、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、セスキイソステアリン酸ソルビタン、HEDTA-3Na、ポリメタクリル酸メチル、アクリレーツ/アクリル酸アルキル、クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム

このうち、3つの天然由来成分について説明してみましょう——

オトギリソウエキス

オトギリソウは、日本や中国といった東アジアで自生している植物。過酷な環境にも順応する繁茂力の強い雑草です。

漢字では「弟切草」と表記しますが、これには逸話があり、もともとオトギリソウの薬効成分はある兄弟だけが知っていました。ところが弟の方が秘伝とされていたその情報を他人にもらしてしまったため、兄が怒って斬り殺してしまったのです。花に黒い点々が散っているのは、その時の血が乾いたものだといいます。

これは平安時代の伝説。そのころから民間薬として使われていたことが分かります。

漢方の生薬としても用いられていて、その場合の名前は「小連翹(しょうれんぎょう)」

皮膚細胞の活性化、収れん・消炎効果などが元々知られていましたが、最近の研究によってその成分のひとつ「ファレロール」がコラーゲン生成成分を増殖させることが分かり、美容界の注目を集めています。

クチナシエキス

クチナシはその名前の響きのせいか、歌謡曲のタイトルに取り上げられるなど、一般にもよく知られた花です。また、その果実にはクロシンという物質が含有されていて、サフランやウコンと同じように着色料としても使われてきました。

漢方薬の生薬でもあり、「山梔子(さんしし)」という別名を持ちます。消炎効果を備えていて、打撲症や捻挫などの湿布薬によく配合されています。

さらにグルタチオンの生成を促すことで黒色メラニンの働きを阻害するため、美白化粧品にも盛んに使われているようです。

ゼニアオイ花エキス

ゼニアオイは地中海沿岸が原産地。英語圏の人には「コモン・マロウ」という呼び名で親しまれています。また「ブルーマロウ」というハーブティーとして商品化されており、「それなら知っている」という人も多いでしょう。

タンニン、アントシアニン、多糖類を含み、クリームの成分としてよく使われています。

-トリニティーライン

Copyright© 『本当に効いた!トリニティーラインの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.