トリニティーラインとは?

優れた美容アイテム
トリニティーラインは、大正製薬グループ「ドクタープログラム」によって開発された製品を統括するブランド。「高品質」「低刺激」「毎日続けられる価格」という3つの基本方針の元に、次々と優れた美容アイテムを送り出しています。

その代表となる商品がエイジングケアに特化したオールインワン化粧品、トリニティーライン・ジェルクリームプレミアム。

天然型セラミド、モイストセラミド成分、レシチンなどが肌の潤いを保ち、さらにホチキスポリマーα、植物エキスなどの多種に渡る成分がハリとツヤをもたらします。

累計販売個数は397万を突破。お客様満足度も97%と高い評価を得ています。

さらにモンドセレクションでは化粧品部門268製品の中から栄えある審査員賞を受賞。

この時は最高金賞とのダブル受賞でしたが、この金賞に関してはこの年も含めて2017年までに8年間も連続で受賞。世界的な評価を不動のものとしています。

ジェルクリームプレミアムの成分セラミドとは?

細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質
トリニティーラインのジェルクリームプレミアムはセラミドを主成分とするケア製品。

セラミドは乾燥肌に効果があるとはよくいわれますが、そもそもどういう物質なのでしょうか?

調べてみると、もともとセラミドは細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつとして人間の角質層(表皮の最も上の層)に存在しています。

細胞間脂質というのは、水分をキープして肌を保湿する役割を持ち、さらに細胞間を埋めることで外部からの物質の侵入を防いでくれます。

セラミドはこの細胞間脂質の半分を占めるという重要な成分。セラミド1からセラミド7まであります(ちなみにジェルクリームプレミアムに入っているのはセラミド2です)。

角質層に存在するといっても、20歳を過ぎると段々その量が減り始め、40歳に至ると約半分に、さらに70歳前後になると3分の1までになってしまいます。

肌の保湿を司る物質ですから、その減少により当然肌の潤いは失われます。

ただ角質層には化粧品が浸透するので、スキンケア用品を使えばその減少分を補うことも可能です。

その時注意しなければいけないのは、セラミドはそのままの状態では角質層のごく表面にしか届かないということ。

トリニティーラインではセラミドをナノ化し、隅々まで浸透するように工夫してあります。

保湿の点でコラーゲンとヒアルロン酸より優れたセラミドの効果により、ジェルクリームプレミアムは肌の潤いをキープできるのです。

ジェルクリームプレミアムの成分

体の細胞

・レシチン

体の細胞に不可欠な栄養や酸素を吸収するとともに、余計な物質や老廃物を体の外へ排出する役目をしています。

動植物の細胞が色々な物質を取り入れたり、排出したりできるのも、レシチンがあるおかげ。

さらに脂肪酸、脂質、コレステロール、ビタミンA・D・E・Kといった水に溶けにくい栄養素も、レシチンが包み込むことで楽な吸収へと導いてくれます。

体の基盤となる部分をしっかりとサポートする役目があるため、レシチンの不足は細胞の不具合へと結びつくのです。

・ホチキスポリマーα

もともとホチキスポリマーとは、細胞膜と似た構造を持つリン脂質ポリマーにヒントを得て、販売元のドクタープログラムが独自に開発した保湿成分のこと。

肌表面をしっかりとカバーし、肌に潤いをもたらすと同時に水分の蒸発を防ぎます。

ホチキスポリマーαはその機能をさらに高めたものになっています。

・ツボクサエキス

セリ科の植物であるツボクサの葉から抽出されるエキス。

野生の虎が怪我をした時にこの葉を傷にこすりつけていたため、その効果が分かったということです。

日本でも昔から薬用の植物として大事にされ、傷ややけどなどの治療に盛んに用いられてきました。

インドや中国でも薬効のある生薬として知られ、アーユルヴェーダでは若返りのハーブとして最も重要と見なされ、さらに霊性を帯びた植物として瞑想用薬草としても使われているとのこと。

また、アジアチン酸、マデカシン酸による強い抗菌効果、そしてエキスが本来備えた皮膚修復能力により、弱った毛穴の修復をサポートするといわれています。

さらにコラーゲンの生成促進、皮膚を柔らかくしてシワ・たるみを防ぐ効果が、現在の医療界でも注目を集めています。

・カンゾウ根エキス

マメ科植物のカンゾウの根や茎から取られたもので、美容に効果を発揮する和漢植物エキス

甘草とも表記され、中国からモンゴル、シベリアに分布していますが、大昔から薬として大事にされてきました。

主な有効成分は解毒作用を持つグリチルリチン。食中毒、蛇毒、ふぐ毒にも効果を発揮。さらに細菌性の毒に対しても有効です。この成分は特にカンゾウの根に含有されています。

グリチルリチンは胃腸の働きを促進したり、止血、肝機能向上にも卓効があり、強い甘さ(砂糖の50倍)にもかかわらず低カロリーであることも注目され、ハーブティーとして飲まれています。

抗アレルギー、抗炎症作用も備えていて、グリチルリチン製剤は、皮膚炎、発疹、口内炎用の薬品として使われます。

おまけに免疫機能を高めるということでエイズの治療薬としても使われたり、抗がん作用が研究報告されるなど、その効果と活用方法は広がりを見せています。

ジェルクリームプレミアムの成分による3つの効果

トリニティーラインジェルクリームプレミアムに含まれている成分はその働きによって次の3つに大別できます——

●保湿

天然型セラミド、モイストセラミド成分、レシチン、マリンコラーゲン、4種のヒアルロン酸、14種のアミノ酸、スクワラン、アミノキャッチ

●肌のハリと弾力

ホチキスポリマーα、クアトロリフト、ツボクサエキス

●肌のキメとつや

カンゾウ根エキス、シラカンバ樹液、オトギリソウエキス、クチナシエキス

トリニティーラインジェルクリームプレミアムはこれらを含む48種類の美容成分だけで作られています。水すら一切使っていません。

ジェルクリームプレミアムの使い方

洗顔後の化粧水
洗顔後すぐに(化粧水なども使用する場合は、洗顔後の化粧水のあとに)、付属品であるスパチュラを使って適量を取ります。

手で容器からすくい取ると雑菌が混入しますので、必ずスパチュラを使うようにしましょう。

スパチュラから手に取ったクリームを、額・両頬・鼻・あごの5箇所に指を使ってのせます。

そして顔の中心から左右の外側に向かって、丁寧に馴染ませます。

目の周辺は肉が少なくデリケートなところなので、特にやさしくして下さい。

最後に浸透を高めるため、両手で肌を包み込んで完了です。

ジェルクリーム・プレミアムの定期コースには「しばり」がない

定期コース
「アメリカの田舎町では商品を通販で買うのが当たり前。そのための分厚いショッピングカタログが常備されている」という話を、以前よく聞きました。

これは昔の開拓時代を描いた西部劇を見ているとよく分かります。何しろフロンティアということで、適当な店舗など近在にあるわけがありません。こんなところでは、日常雑貨ひとつ買うにもメーリングサービスに頼らざるを得なかったわけです。

また、この習慣により駅馬車による宅配便業者のネットワークも発達しました。そのうちの1社がやがて世界で初めて郵便為替を開始。わざわざ自宅に現金を置かなくても済むため、市民から好評を博しました。さらにその会社はアメリカホテル組合の子会社を買収。そこが実施していた「クレジットカード」というサービスを一般に普及させたのです。

この会社こそ、現在でもクレジットカードの代名詞ともいえるアメリカン・エキスプレスです。

このように、小売業全体に占める通販の割合が高いゆえに、現在世界中に普及しているクレジットカードの仕組みができた、といえます。

一方、日本では事情が違いました。国土が狭いため、別に通販に頼る必要はありません。直接商品を目で見てその場で買うのが、昭和に至るまで庶民の間で一般的な習慣だったのです。

そのこともあって日本の通販商品といえば、販路を開拓することができないマイナーメーカーが雑誌などで広告し、ニッチな消費者層向けに小さな商売をしている、というイメージがありました。

ところが、ネット環境の整備とスマホの普及でその状況は一変。楽天、Amazonなどの通販サイトでモノを買うのが当たり前のこととなり、あまりにその配達件数が増大したことから、クロネコヤマトの現場の大変さが大きなニュースにまでなりました。

この情勢で際立って活況を見せたのがコスメ業界です。薬局やドラッグストアでは有名メーカーの商品が棚を独占しているため、なかなかその一角に食い込むことはできません。ところがネットでは口コミによって売り上げが左右されるため、無名メーカーのコスメでも大ヒットする、ということがありえます。

こうしてそれまで化粧品とは関係のなかった業者まで市場に参入した結果、現在、ネットのコスメブランドは物凄い数となっています。おそらく200種類は軽く越えているでしょう。

そのうち、多くのブランドが「公式サイト」を設けているのですが、そこには大抵「定期コース」というプランが用意されています。

これは毎月商品を自動的に希望の住所に届けてくれるというサービス。かつての雑誌の購読と同じです。改めて注文しなくてもいいので、その商品を長期に渡って買い続けたい人には便利なものです。

またメーカー側としても毎月着実に売り上げが見込めるわけですから、販売方法として理想的。

そこで商品に興味を持った人に定期コースを申し込んでもらえるよう、初回は大幅なディスカウントを行ったり、試供品などを特典として無料で同封したり、色々な工夫をこらしているわけです。

ただ、購入者にとってネックとなるのは、継続回数の強制があること。携帯電話の契約でよく見られる「しばり」というものです。

現在ネットだけで売られている商品の「しばり」をいくつかチェックしたところでは、3回あるいは4回の継続を求めるところが多く、中には12回という長期のところもあります。いずれにせよ、「初回はなるべくディスカウントするので長期間に渡って買ってほしい」というメーカー側の思惑が現れています。

また最近問題となっているのは、定期コースを明示していないサイトの存在。

2017年12月6日付の産経新聞には、「通販トラブル『お試し』のつもりが解約できず数万円」というタイトルの記事が掲載されています。トライアル商品だと思って購入したのに定期コース契約となっていて、結果的に「しばり」があるせいで解約ができなかった、という内容です。

残念なことに通販会社の中には、まれにこういう悪質なところもあるようです。

しかし、トリニティーラインの場合は違います。何しろ開発製造に当たったのは、大正製薬グループ「ドクタープログラム」。誰でも知っているメジャーな製薬会社の子会社ですから、そのブランドに傷をつけないためにも、詐欺のようなことは行うわけがありません。

トリニティーラインのジェルクリーム・プレミアムにも定期コースが用意されていますが、「しばり」自体がありません。いつ解約しても違約金などはとられないのです。これもドクタープログラムの良心的な経営方針のあらわれでしょう。

ジェルクリーム・プレミアムを買うなら、信頼性の高い公式サイトの定期コースを選ぶのがおすすめです。

更新日:

Copyright© 『本当に効いた!トリニティーラインの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.