トリニティーラインを半額で買うには

ジェルクリームプレミアムの口コミ

「最近肌の調子が良くない」と母に愚痴ると、トリニティーラインジェルクリームプレミアムを買ってくれました。そんなに期待しないで使い始めたのですが、少しすると驚くほど肌がスベスベに。目立っていた目元の小じわも気にならなくなりました。十分に効果を実感できて満足です。
M.O.・21歳

トリニティーラインジェルクリームプレミアムは1本だけで入浴後のケアをしてくれるので本当に助かります。濃厚なテクスチャーなので、少しの量で潤いを得られる点もグッド。これまで冬と夏で化粧品を変えていたのですが、このジェルクリームプレミアムなら1年中でもオーケー。毎月のお届けコースを申込んだので、ずっと使い続けるつもりです。
M.I.・32歳

目の周辺やほうれい線に丁寧に塗ると、翌朝肌がモチモチしてきます。目の小じわが薄くなったのもビックリです。トリニティーラインはずっと信頼しているブランドだし、ジャーやポンプなど選択肢が多いところもいいと思います。
E.I.・36歳

最近、化粧水、乳液、クリームを欠かさないのに、どうしても肌が乾燥していました。加齢のせいとあきらめていたんですが、ジェルクリームプレミアムが救ってくれました。時間が経過しても肌は潤いを保ったまま。むしろビックリするほどもっちりしています。化粧のノリもすごく良くなってきてありがたいと思います。
F.H.・42歳

親しい友人からすすめられて使ってみることにしましたが、そんなに期待感はありませんでした。「オールインワン化粧品なんて良くないに決まってる」という先入観があったし……。でも使った翌朝の肌の様子を見て驚きました。まだ何もしていないのに肌がものすごくみずみずしいんです。それからは基礎化粧品はこれひとつだけ。肌はしっかり保湿されるし時短になるし、もう手放せません。
K.E.・31歳

加齢による肌の衰えが気になって、エイジングケアのできるコスメを探していたところ、トリニティーラインジェルクリームプレミアムを知り購入しました。
使った翌朝からその効果を実感。これまで経験したことのないしっとり感にビックリしました。
ベトベトしないので、肌の乾燥する冬だけでなく、夏場も使っています。
少量でもしっかり伸びるので1ヶ月以上持ち、コスパの点でも最高です。
O.Y.・35歳

ジェルクリームプレミアムのサンプル

トリニティーラインジェルクリームプレミアムは、香料、合成着色料、エタノール、パラベンを一切使っていません。肌にやさしい製品です。

さらに保湿効果の高さで有名なセラミド、4種のヒアルロン酸、マリンコラーゲン、スクワランなど48種類に及ぶ美容成分が配合されているというところも高ポイント。それらの美容成分だけで全成分の95%を占めています。

有名な大正製薬のグループ会社が作っているだけあって、信頼性も抜群。

ですが本当に安全かどうか、実際に使ってみないと分かりません。

これまで問題のなかった成分に、いきなりアレルギー反応が出てしまうケースも報告されているのです。

だからこそ本商品を購入する前に手に入れたいのがサンプルです。

実は販売元に電話すれば、ジェルクリームプレミアムのサンプルを取り寄せることが可能です。

さらに全国にあるトリニティーライン商品取扱い店でも、在庫があれば手に入れることができるのです。

ジェルクリームプレミアムに興味のある方は、ぜひサンプルでその効果を確認してみて下さい。

トリニティーラインの鎮について

トリニティーライン鎮とは?

肌の老化が始まったあとでその対処を行うのではなく、肌老化そのものを阻止したい——。

これが「トリニティーライン鎮」の開発に当たってのコンセプトでした。

その特徴は——

・グリチルリチン酸ジカリウム(炎症を鎮めて肌トラブルを防ぐ抗炎症成分)配合。

・保湿成分セラミドを新技術ナノセラミドデリバーにより角層の隅々まで届け、肌のバリア機能をサポート。

・肌に潤いを与える酵母エキスを70%も配合。水は一滴も使っていません。

・テロサイド、コラーゲン、ヒアルロン酸、植物エキスなど、美肌に有効な成分を配合。

・香料、合成着色料、エタノール、パラベンはすべて無添加。

トリニティーライン鎮の体験談

トリニティーライン鎮は半透明のジェルでかなりゆるゆるです。半透明といっても白っぽくて、クリームに近いテクスチャー。

大きなスパチュラがついているところはジェルクリームプレミアムと同じ。

蓋を開けるとさらに内蓋があるのですが、これがちょっと厄介。

雑菌を防ぐためになるべく中身に触れたくないのですが、この内蓋を取ろうとするとどうしても中に指がついてしまいます。さらに蓋を閉める際もちょっとずれて邪魔になったり……。この辺は改良をお願いしたいところです。

さっそく使ってみました。1回の目安量はパール粒2つ分ということですが、なめらかに伸びるので1つ分で十分です。

使い心地は良く、肌トラブルもありません。

ただ、浸透に関してはちょっと遅めです。少し待っているとなじむので、その上に乳液をのせました。

香りは「無香料」となっていますが、成分にラベンダー油とオレンジ油が入っていて、さわやかな匂いがします。

ごくほのかなものですから、強いニオイの苦手な人も大丈夫でしょう。

使うタイミングですが、朝晩2回、化粧水を使った後、乳液やクリームの前に塗ります。

使っているうちに気づいたんですが、のせてちょっと放置しておくと、さわやかな清涼感が広がってきます。

メンソール系の成分は入っていないと思うのですが、不思議な感じです。炎症を抑えてくれる成分のせいでしょうか……。

肌がほてってしまう夏場には、特にぴったりな製品だと思います。

ただ内蓋の他にもひとつ文句があって、付属品のスパチュラはゆるめのテクスチャーでは使いづらいと思います。これならポンプタイプの方が使いやすいでしょう。

隠れ炎症に効果のあるトリニティーライン鎮

隠れ炎症というのは、加齢により起こる代謝の低下やストレスなどの内的な要因、それに紫外線、アレルゲン、乾燥といった物理的刺激の外的な要因により、自覚されない炎症が慢性的に発生している状態を指します。

そのまま放置しておくと炎症物質によってコラーゲンや細胞がダメージを受け、メラノサイト活性化でシミができてしまいます。

隠れ炎症を鎮めるには、肌が外的刺激に負けないようにバリア機能をアップさせる必要があります。

そんな時に役立つのがトリニティーライン鎮です。

鎮を使えば、天然ヒト型セラミドから開発されたナノセラミドデリバーによってバリア機能を強化。自覚のない隠れ炎症を鎮めてくれます。

トリニティーラインは店舗で売っている?

ジェルクリームプレミアムの効果を上げる使い方

化粧品の浸透を高める簡単なコツは、「あらかじめ手を温めておくこと」です。

冷たい手のまま化粧品を塗ると、顔の毛穴が冷たさに反応して閉じてしまい、せっかく塗った化粧品が肌の奥まで届かなくなってしまいます。

ただ単に手を温めるだけで浸透度はぐっと良くなります。それだけ効果も上がるわけです。

特に冬はどうしても手が冷たくなりがちですから要注意。

夏でも冷たい水を使うと意外に手が冷えてくるので、必ずぬるま湯で温めた上で化粧品を塗る習慣をつけましょう。

さらにただ塗るだけより、最後にハンドプレスで押し込むようにすることでも浸透力は上がります。

同じ化粧品を同量塗ったとしても、たったこれだけのことで効果が違ってきますから、普段から一手間加える使い方を心がけておきましょう。

ジェルクリームプレミアムに関してやってはいけないこと

朝の洗顔をしないで塗るのはダメ

年齢肌に悩んでいる人は、乾燥するのを恐れて朝の洗顔をしないことがあります。ですがその状態でクリームを塗るのはやめましょう。

朝の肌は睡眠中に分泌されていた皮脂が油膜を作っている状態です。これではクリームを塗っても浸透していくわけがありません。

乾燥したくないなら、天然成分でできた適度な洗浄力の洗顔料を使いましょう。余計な油分だけを落とし、肌に潤いを残してくれます。

トリニティーラインジェルクリームプレミアムを塗るなら、洗顔料で皮脂を落としてからです。

油溶性クリームや乳液のあとに使うのはダメ

トリニティーラインジェルクリームプレミアムは、1つで化粧水・美容液・乳液・クリーム・下地の5役をこなしてくれます。

基本的にはこれ1つあれば十分なので、さらに乳液やクリームを追加する人はそれほどいないでしょう。

物足りなかったとしても、ジェルクリームプレミアムよりも前に乳液やクリームは塗らないで下さい。浸透が妨害され、効果が発揮できなくなってしまいます。

もし追加したくなったら、必ずジェルクリームプレミアムの後に塗るようにしましょう。

たまにしか塗らないのはダメ

トリニティーラインジェルクリームプレミアムは、塗ってすぐにハリや潤いを実感できるほど即効性があります。

でも、その場しのぎの結果だけでなく、徹底的にシワ・くすみ・たるみ・乾燥といった年齢肌を改善したいなら、毎日朝晩キチンと使い続ける必要があります。

ジェルクリームプレミアムで肌トラブルは起きるか?

トリニティーラインジェルクリームプレミアムは、敏感肌の人でも使えるように無添加にこだわっています。

香料、合成着色料、アルコール、エタノール、メチルパラベンはすべて不使用。

さらにアレルギーテストはもちろん、乾燥性敏感肌の方の協力によってパッチテストもパスしています。

これほど肌トラブル予防に関してチェックの厳しい化粧品はめったにありません。敏感肌の人でも安心して使えるでしょう。

ただ化粧品ですので全ての人に絶対に肌トラブルが起こらないとは言い切れません。

ただテストを行っているとはいえ、アレルギーに関しては反応が起こる可能性が残っています。念のため、成分表をチェックした上で購入して下さい。

トリニティーラインは楽天で購入できるのか

ジェルクリームプレミアムはどこで買うべきか?

トリニティーラインのブランドといえば、最も有名なのはジェルクリームプレミアムでしょう。エイジングケアが効果的にできるオールインワン化粧品として発売以来大人気を博しています。

買いたいと思って、近所の薬局やドラッグストアなどを回ってみましたが、どこも扱っていません。

ロフトや百貨店などいくつかの実店舗では販売していますが、数が限られていて、基本的に通販専門の商品となっているようです。

というわけで、大手通販サイト3つと公式サイト、どこが1番安いのか調べてみました。

まず楽天市場をチェック。サイト内検索をすると、「UVミルク」「モイストローション」「ファンデーション」「カラールースパウダー」などトリニティーラインの商品がいっぱい出てきました。

もちろんジェルクリームプレミアムも扱っていて、50gのサイズのものが3,800円(税抜)で売っています。税込みだと4,104円。送料は無料。

これって、調べると通常価格そのままです。一切ディスカウントはありません。楽天ポイントを持っていた場合はお得かもしれませんが、それ以外の人にはメリットが見当たりませんね。

続いてヤフーショッピングを見てみます。

検索するといくつかのショップがジェルクリームプレミアムを扱っていました。その中の最安値は4,062円(税込)。送料も無料。

これは定価より安いのですが、その差はわずか42円。これなら楽天で買っても似たようなものです。

そしてAmazon。

ここでも取扱いあり。同じ50gサイズが3,600円(税込)。送料は無料です。

ヤフーショッピングよりぐっと割引率が高くなり、10%以上。これまで見た中では1番お得です。

最後にチェックするのは公式サイト。

ここでは他の通販サイトではなかった定期コースが申し込めます。通常価格3,800円(税抜)のところ、なんと50%割引の1,900円(税抜)で手に入ります。送料はもちろん無料。

しかも2回目以降も10%オフの3,693円(税込)。1年間で4,930円もお得になるのです。

お届けの間隔も「毎月」「2ヶ月」「3ヶ月」と3つから選べます。次のお届け日の10日前に連絡すれば、お届け間隔や届ける日についても変更可能。

しかもすごいのは、「最低◯回の継続が条件」といういわゆる「しばり」がないこと。

とりあえず試しに1回だけトライしたい、という人もこれなら安心。初回を半額で手に入れてから、すぐに解約、ということもできるのです。

これらのメリットを考えると、ジェルクリームプレミアムを買う場合、やはり公式サイトから申し込むのがベストな方法でしょう。

ジェルクリームプレミアムの効果が上がる使い方

ジェルクリームプレミアムを使う場合、朝晩1日2回が効果的です。

就寝前に使うと、たっぷりと配合された保湿成分、美白成分、アンチエイジング成分が睡眠中の肌に効果的にアプローチします。

また、朝起きてからケアすると、日中の空気の乾燥や紫外線などの刺激から肌を守ってくれます。

あと使う量ですが、少量ずつチビチビ使っていては本来の効果が出ません。

まずはしっかりと効果が出る量、つまり規定量を使うことが大事。

ジェルクリームプレミアムの場合、そのおすすめの使用量はパール粒2個分。

少し多いと思われるかもしれませんが、肌なじみは圧倒的にいいので、塗りすぎという感じはありません。

内容量もたっぷり50gですから、贅沢に使っても1ヶ月はちゃんともちます。

トリニティーラインの日焼け止めについて

薬用ホワイトニングUVミルクとは?

トリニティーラインの薬用ホワイトニングUVミルクは、刺激の強い「紫外線吸収剤」を一切使わず、「紫外線散乱剤」のみを配合したノンケミカル処方の日焼け止め。

「紫外線散乱剤」は紫外線を反射させることで日焼け止め効果をもたらします。肌の上での変質もほとんどなく、人体への影響が少ない成分です。

さらに美白効果で知られる「アスコルビル2−グルコシド」、肌荒れ防止の「グリチルレチン酸ステアリル」をダブルで配合。紫外線によるシミ・ソバカスはもちろん、肌荒れの改善へも効果を発揮します。

そのほかに「セラミド」「コラーゲン」「ローズマリーエキス」「疑似セラミド」「オリーブ葉エキス」「テンニンカ果実エキス」「濃縮甘草フラボノイド」「グリセリン」といった8種のスキンケア成分を配合。

日中の乾燥からも肌をしっかり守ってくれます。

モンドセレクション最高金賞を6年連続受賞。世界にもその品質が認められています。

薬用ホワイトニングUVミルクの口コミ

薬用ホワイトニングUVミルクは香料無添加でウオータープルーフ、美白効果も期待できます。毎日プールで泳ぐ習慣のある私には欠かせません。もともと刺激に弱く、肌に合わない化粧品が多いのですが、これだけは何の問題もなし。これからもずっと使っていきます。
24歳・女性・栃木県

シンプルな外見ですが、成分にこだわった優れたUVだと思います。
紫外線吸収剤を使わないのにしっかり日焼けを防止してくれますし、白浮き、パサつきもありません。しかも美白効果まで備えているんですから言う事なしです。
かぶれやすい肌なのですが、これは大丈夫でした。
ただお値段がちょっと高いのが難点。もう少し安くなると助かるのですが……。
32歳・女性・大阪府

気に入ってここ3年間ずっと使っています。
敏感肌なので日焼け止め選びに苦労してきましたが、これなら問題ありません。
以前、テレビ通販で買っていたのに突然取扱いがなくなり、困っていました。ネットで買うことができるようになってほっとしています。
発送も早く、助かります。
28歳・女性・滋賀県

L-アスコルビン酸2グルコシドについて

薬用ホワイトニングUVミルクにはアスコルビル2−グルコシドが配合されています。これはL-アスコルビン酸2グルコシドとも呼ばれ、ビタミンC誘導体の一種。厚生労働省から美白有効成分として認められています。

ビタミンCは人間の体内で他の物質を酸化からガードしますが、とても不安定な構造なのでそのまま化粧品に入れても効果がありません。

そこでビタミンCとグルコースを結合させたのがL-アスコルビン酸2グルコシド。

安定度は極めて高く、熱湯の中で3分間置いておいても変質しません。

その安定度のためにL-アスコルビン酸2グルコシドは肌の中でも分解されにくく、「持続性ビタミンC誘導体」とも呼ばれています。

APSやAPMなどのビタミンC誘導体は敏感肌や乾燥肌には使いにくく、また、APPSなど両親媒性のものは界面活性剤の力が必要なので、これも刺激に弱い肌への使用は避けるべきです。

L-アスコルビン酸2グルコシドは刺激が少なく、乾燥感もないため、肌の弱い人も安心できます。

トリニティーラインのファンデーションについて

リクイドカバーファンデーションとは?

トリニティーラインのリクイドカバーファンデーションは、美容液そのものをファンデーションにしてしまった新発想の製品。

容器はプッシュ式なので、片手で手軽に中身を出せます。

伸びもよく、少量で肌に広がりますが、ある時点で肌にピッタリ張りつく様な感覚に変わります。カバー力ももちろん合格点。

保湿力の高いファンデーションの中には、緩すぎてフィット感が薄く、落ち着かない気持ちを起こさせるものがありますが、そういうタイプは化粧崩れも早いようです。

その点、リクイドカバーファンデーションは浮いた感じもなく、ヨレたりすることもありません。

くすみが目立つ肌にも明るさとツヤが出てきますし、潤いも充分。時間が経っても乾燥しません。

保湿成分として有名なセラミドに類似しているという「高保湿エンリッチラッピング」をはじめ、美容液成分がなんと80%も配合されています。

使ってみてとにかくすごいと思ったのは、肌のハリ感が時間が経つほど強くなるところ。艶感もさらに増していくような気がします。

これはファインリフトという製法が使われているためで、肌の上にハリを与える薄い膜を形成しているんです。

この膜によって荒れた肌や毛穴をなめらかに整え、くすんだ影を防止。若々しい印象を与えてくれます。

リクイドカバーファンデーションの使い方

使用量の目安は1回に1〜2プッシュ(1本には約3カ月分入っています)。

なるべくなら、専用スポンジを使って下さい。ムラなくファンデーションを塗れますし、そのことで化粧くずれしにくくなります。

また、目の周辺や小鼻など細かい部分にはスポンジの角を使うとうまくいきます。

スキンケアの後、日やけ止め乳液でベースを整え、適量を手に取り、顔の中心から外側の方向に伸ばしながらなじませていきます。

下から上に向かうラインに塗っていき、気になる部分には丁寧に重ねづけをします。

別商品の「カラールースパウダー」を重ねれば、より理想的なメイクが完成します。

シクロペンタシロキサンについて

リクイドカバーファンデーションに配合されているシクロペンタシロキサンは環状シリコーンの一種。揮発性のある無色無臭の液体です。

揮発性という言葉はよく聞きますが、常温でも気化してしまうという意味です。

クリームなどの中でシクロペンタシロキサンが気化すると皮膜が作られます。

この皮膜は潤滑性を備えているため、トリートメントなどのヘアケア製品の場合は毛髪にツヤを与えたり、くし通りがよくなる効果をもたらします。

また撥水性も高いため、ウォータープルーフ系の日焼け止めにも使われています。

他にも化粧崩れの防止、なめらかな質感や伸びをよくするなどの理由でファンデーションやスキンケア製品に配合されることが多いようです。

リクイドカバーファンデーションの特徴

リクイドカバーファンデーションの1番の特徴は、「ファインリフト製法」。

塗った瞬間に薄いフィルムが肌に密着。リフト感のある肌が長時間続きます。

また、独自に開発された成分「ホチキスポリマー」も配合されており、メイク仕立ての肌を夕方までキープ。ヨレが少ないため、汗をかく夏でも安心です。

トリニティーラインでシミを解消

ジェルクリームプレミアムのシミへの効果

シミが発生する原因というのは様々で、代表的なものは以下の通りです——

・肌の乾燥
・強い紫外線
・睡眠の不足
・生活リズムの乱れ

特に「肌の乾燥」や「強い紫外線」はシミが発生する1番の原因。

人間の体は乾燥や紫外線による皮膚のダメージを修復しようとして、メラニン色素を作り出します。この物質が肌を黒くしてしまうのです。

このこと自体は体の正常な反応なのですが、このメラニン色素が余りに過剰に分泌されると排出が追いつかず、皮膚内に留まってしまうことがあります。これがシミといわれるものの正体。

シミをケアする根本的な方法は、「紫外線が肌に当たらないようにする」「できるだけ睡眠をとる」など色々ですが、最も効果的なのは「肌を保湿する」ことです。

「それくらいならやってます」という人も多いでしょう。

でも、単純に肌の表面を保湿しているだけでは十分とはいえません。

効果を上げるには、肌の奥深くまで美容成分を到達させ、肌質自体を乾燥に強いものに変える必要があるのです。

シミに強くなる肌を作るには、セラミドによる保湿がよい、といわれています。

もともとこのセラミドは人間の表皮の角質層に存在していて、水分を蓄えることで外部からの悪い物質が細胞内に入り込まないようにする働きがあります。

ところがセラミドは加齢とともに減少していき、体内で作り出せなくなります。中年期に差し掛かると肌が乾燥しやすくなるのはそのせいです。

肌の保湿力をアップしてシミに負けない肌にするには、セラミド配合の化粧品を使って足りなくなった分を補うのが最も効果的なのです。

トリニティーラインジェルクリームプレミアムには、そのセラミド成分が驚くほど大量に入っています。

これまでセラミド配合の化粧品は数え切れないくらいありましたが、ここまでの量のものは初めてです。

他の化粧品にセラミドが「10」配合されているとしたら、トリニティーラインジェルクリームプレミアムの配合量は「550」になります。

この数字を見ても、シミを改善するにはトリニティーラインジェルクリームプレミアムが1番だということがお分かりになるでしょう。

インナーホワイトエッセンスEXの成分・トラネキサム酸について

シミのタイプも、日焼け、肝斑、そばかす、摩擦により生じた色素沈着、加齢によるものなど色々あります。

それらのシミ対策商品として、トリニティーラインでは「インナーホワイトエッセンスEX」を発売しましたが、その主成分となっているのがトラネキサム酸という物質です。

トラネキサム酸はアミノ酸の1種。抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果を備えていて、もともとは湿疹・じんましんの治療、あるいは出血を止める用途で医療の現場でずっと用いられていました。

そして1979年、新たに学会で肝斑の改善効果が報告されたことにより、肝斑の治療成分としても使われるようになったのです。

メラニン色素がシミの原因となることは広く知られています。そのメラニン色素を産み出すのは「メラノサイト」という細胞です。強い紫外線を浴びるとそのメラノサイトの周辺にある肌細胞からメラニン製造にゴーサインを出す情報物質が出てきます。

トラネキサム酸は、この情報物質に含まれた「プロスタグランジン」などをブロックする働きがあります。

インナーホワイトエッセンスEXにはこのトラネキサム酸に加えて、抗炎症成分も配合されており、そのダブル成分によってシミ、そばかすを防いでくれます。

トリニティーラインのジェルクリームについて

ジェルクリームプレミアムの香りの正体

ジェルクリームプレミアムの独特の香りの正体は、おそらく配合成分であるシラカンバ樹液でしょう。

実はこのジェルクリームプレミアム、水が全く含まれていないんですが、その代わりに使われているのがこのシラカンバ樹液なんです。

シラカンバとは、「北国の春」の歌詞「白樺〜青空〜」でおなじみのあの白樺のこと。

その樹液は肌の潤いをキープする働きを備えている上、メラニンの合成を阻害してくれるので、お肌への効果が抜群なんです。

シラカンバの樹液からは、ガム、飴などの配合成分であるキシリトールも採取されていますし、昔から健康飲料としても活用されています。

ただ樹液の99%は水分なので水の代用となるわけです(残りの1%にアミノ酸、糖類、たんぱく質、ミネラルなどの成分が含まれています)。

この樹液は天然素材だけに採取できるのは春先の約3週間のみ。かなり貴重な成分なんです。

ジェルクリームプレミアムの活用法

パックやマスクとして用いる

ジェルクリームプレミアムは95%が美容成分。おまけに水を1滴も使っていないのでパックやマスクとして活用できます。入浴時は毛穴が開くので、そのときにパックするといいでしょう。

ただ、やりすぎるとかえって肌荒れの原因になるので、回数は週に1〜2回に制限しましょう。

その手順ですが、洗顔後、化粧水で肌を整えてから(あるいは何もつけずに)、ジェルクリームプレミアムをすこし多めに乗せます。

5〜10分経ったら洗い流して、通常のスキンケアを行って完了。

余分な量をティッシュでとってから眠るのもいいでしょう。

疲れた時のお助けアイテムにする

飲んで帰宅した時や病気で寝ている時など、スキンケアをちゃんとやる気持ちが起きないものです。そんな場合、クレンジング・洗顔の後のスキンケアをジェルクリームプレミアムだけですますことができます。

特化したアイテムほど万全ではないにしろ、オールインワンジェルなので基本的な肌のケアはこれでなんとかできます。

ただ、クレンジング・洗顔だけはキッチリやって下さい。ここをなおざりにすると、肌荒れなどのトラブルを招いてしまいます。

就寝前のスキンケアまでのつなぎとして使う

外出時の肌はメイクや大気汚染物質でダメージを受けています。帰宅したらすぐにメイクを落として洗顔したいものですが、その後何もつけないと乾燥が心配になります。

その時、ジェルクリームプレミアムをさっと塗っておけば、就寝前の本格的なスキンケアまでのつなぎになります。

短時間で塗れてしまうので手間いらず。その後の家事にも安心して取りかかれます。

何回も顔を洗う場合の保湿ケア

夏場の家事や外での仕事ではどうしても大量に汗をかき、顔を拭いたり洗ったりする回数も多くなります。

そんな時もジェルクリームプレミアムがあれば、洗顔後に塗ることで保湿成分を補えます。

また、温泉に出かけて何度もお風呂に入る場合も、携帯していると役に立ちます。

ジェルクリームプレミアムの評価まとめ

悪い口コミ&評価を箇条書きでまとめると——

・ベトベトが残り、ニキビができてしまった
・これ一つだけでは乾燥してしまう
・期待したほどの保湿効果は実感できない

良い口コミ&評価を同じようにまとめると——

・塗った翌日の潤いがすごい
・しわが気にならなくなり、ハリが出てきた
・保湿効果があり、肌色も明るくなった

という結果です。

トリニティーラインの効果について

ジェルクリームプレミアムの使用感とニオイ

ジェルクリームプレミアムは、ミルキーキャンディのような色をしています。

手にとって確認すると、ジェルというよりクリームっぽい感じです。

肌にのせてみました。やはりクリームのような濃厚さ——。ほとんどが美容成分で、水が全く使われていないせいでしょうか。

その濃厚さのせいか、塗っているときはちょっと重く感じましたが、塗り終わると思ったよりベタついていません。

クリームのような「肌に蓋をした」感じがなかったので、そこはジェルの特性が活かされているのでしょう。

数日試してみたところ、就寝前にジェルクリームを塗った翌朝は、肌がすごく柔らかくなっている感じでした。

使っていてもピリピリせず、今のところ肌トラブルなどもありません。

匂いについては無香料ということになっていますが、なにか容器っぽいような、薬品のような、独特のニオイがします。

はっきりいって良いニオイとはいえません。ただ容器によほど鼻を近づけないと分からない程度なので、使っているうちに気にならなくなりました。

ジェルクリームプレミアムのアミノ酸

アミノ酸は、コラーゲンを産み出す源であり、保湿力も備えた成分。

ジェルクリームプレミアムにはそんなアミノ酸が——

・セリン
・グリシン
・アラニン
・トレオニン
・シトルリン
・ヒスチジン
・アスパラギン酸
・アルギニン
・バリン
・イソロイシン
・リシンHCI
・グルタミン酸
・ロイシン
・プロリン

以上、14種類も入っています。

ジェルクリームプレミアムの安全性

ジェルクリームプレミアムは「香料」「着色料」「エタノール」を一切使っていません。

しかも、「アレルギーテスト」「パッチテスト」「乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト」にすべてパスしています。

というわけで敏感肌の人でも刺激を感じることなく、安心して使うことができます。

ただ、まれに肌にかゆみが生じるケースもあります。その場合は使用を中止して下さい。

また皮膚疾患のある人も、使用前に医師に相談する方がいいでしょう。

ジェルクリームプレミアムの使い方のコツ

ジェルクリームプレミアムの口コミを読んでいると、「ベタつく」「浸透しない」と書かれたものがありました。

おそらくその原因は、肌の角質の状態が悪く、美容成分を受け入れられないからでしょう。

浸透が阻害されているため、成分が肌の表面に残ってしまうわけです。

しかもジェルクリームプレミアムには水が使われていないので、蒸発もしません。

だから持ちという点では最高ですが、肌に浸透してくれなければ意味がありません。

「汗をかくとヌルヌルする」という感想も、同じ原因でしょう。

解決策は、肌の角質層の状態を整え、美容成分が通り抜けできるようにすること。具体的には導入化粧水を使うべきです。

洗顔後、角質層を整えてくれる導入化粧水を最初に使えば、その次に塗る美容液の効果がまるで違ってきます。

それから「ベタベタして化粧が崩れる」という感想もありましたが、これは確かに事実です。まだ加減の分からない使い始めの時期は、朝に使う時など使用量を少なめにした方がいいと思います。

トリニティーラインの評価について

ジェルクリームプレミアムの体験談

トリニティーライン・ジェルクリームプレミアムのお試し実感コースを申し込みました。このコースなら初回50%オフで購入ができます。

定期購入にもかかわらず、回数しばりはありません。いつでも解約できます。

たっぷり1.5ヶ月分が、わずか1,900円。送料も無料です。

注文から間もなくヤマト運輸が荷物を届けてくれました。白と赤の2色カラーの箱です。トリニティーラインのロゴが印字されていました。

箱を開けると、ショック吸収のために緩衝材がたっぷり詰められています。

販売元が大手メーカーということで、冊子類やリーフレットがいっぱい入っています。

ジェルクリームプレミアムについて書かれた冊子に加え、商品カタログ、愛用者の声、スキンケアについての情報など。たっぷり読み応えがあります。

「契約内容確認書」として「定期購入であること」が冊子の一番上にはっきり書かれていました。さらに裏面を見るとクーリングオフについての説明もあります。

このあたりをいい加減にごまかしているメーカーが多いなか、ちゃんと記載してあるのは非常に好印象。さすがは大正製薬グループだと思えます。

ちなみに洗顔フォーム「マイルドモイストフォーム」、メイク落とし「マイルドオイルクレンジング」のサンプルも同梱されていました。

ジェルクリームプレミアムの本体を取り出しました。外箱はワインレッドとシルバーカラーのシックなデザインになっています。

スパチュラがついているのですが、本体容器ではなく、外箱の中に入っています。

本体容器は白地のシンプルなデザイン。シルバーと赤がアクセントになっています。蓋部分は突起した部分があり、回しやすいように工夫されています。

内蓋を取ってみると、中身はいかにも保湿力のありそうな黄色味のついたクリーム。

手に取ってみました。見た目の通り、柔らかなテクスチャーです。ビックリするほど良く伸びるので、少しの量で顔全体に塗れます。

95%以上が美容成分で水を一切使っていないというだけあって、使用感もすごくリッチ。

刺激のない肌当たりで、フワッと伸びてしっとり馴染みます。油分はきっちりあるのですが、軽い感じです。ベタツキも不快になりません。

塗ったあとはお肌に潤いが出て柔らかくなり、ふっくらしてハリを感じさせます。

ゲルタイプのオールインワン化粧品と比較すると、しっかりとケアできた気がします。

クリームなので油分は申し分なし。しかもみずみずしさもあるためバランスが良く、使い心地は最高です。

保湿力、潤いの持続力は抜群で、乾燥肌で悩んでいる人も納得できるでしょう。

保湿成分として有名なセラミドをはじめ、48種類の美容成分が配合されているというのはすごく贅沢です。

それでいて、価格はお手ごろというのがうれしいところ。

年齢肌や乾燥肌をキチンとケアしたいけど、なるべくコストをかけたくない——。

そんな人にピッタリのオールインワン化粧品だと思います。

ジェルクリームプレミアムの特徴とコスパ

ジェルクリームプレミアムはリッチな使用感が魅力。「ゲルタイプのオールインワン化粧品では物足りない」いう人でも満足できるでしょう。

しっかり油分を含んだテクスチャーはオールインワンとは思えません。それなのに過剰なベタツキもなし。

美容成分は全成分の95%以上(48種類)、おまけに水は一切加えていません。そのうえ、これまでの製品の55倍のセラミドを配合するなど、非常に贅沢な配合になっています。

コスパは、1.5ヶ月分が3,800円と優秀。しかも定期コースを申し込めば初回は50%割引の1,900円です。

手軽にエイジングケアをしたい人には絶好の商品です。